お電話
メール

人気のエリア

梅田Umeda

大阪市北区のJR大阪駅付近の交通ターミナルを中心とする地区名。18世紀初めに大坂三郷の北端に曾根崎新地が置かれて〈キタ〉と呼ばれるようになったが,1874年大阪駅が開設された時は,西成郡曾根崎村の水田地帯であった。その後城東線(現,大阪環状線),阪神電鉄,阪急電鉄,御堂筋,地下鉄御堂筋線,路面電車などが相ついで開通して,一大ターミナルへと成長した。阪急,阪神の両ターミナル百貨店,中央郵便局,曾根崎センター街,北新地などの商店,飲食店,映画館,劇場などで構成されていた梅田の町並みは,近年急速に変化をみせている。

梅田の物件一覧へ

新大阪Shin Osaka

80年前後からITベンチャー企業の進出が目立ち始め、米国のシリコンバレーにならって、「新大阪バレー」と呼ばれるようになった。国土交通省の00年の調査では、新大阪駅周辺のIT関連企業は約380社。年商301億円の「メガチップス」(東証1部)、同151億円の「Sky」なども本社を置く。地元不動産会社によると、新幹線の利便性に加え、梅田や心斎橋周辺より賃料が2〜3割安いことが主な理由という。

新大阪の物件一覧へ

天王寺Tennoji

大阪市中部,上町台地の中央に位置する区。近世,大坂城下町時代の寺町地域で,今日も寺院が多い。契沖旧庵(円珠庵)ならびに墓の史跡がある。日本赤十字病院,警察病院などの病院や,大阪教育大学などの学校も多く,厚生・文教地区をなす。南端に大阪市の南の玄関口である天王寺駅があり,JR大阪環状線のほか関西本線,地下鉄御堂筋線,谷町線が通る。付近は近畿日本鉄道上本町駅周辺とともに繁華街をなす。

天王寺の物件一覧へ

難波Namba

大阪市の中央区、浪速区(なにわく)にわたり、南海電気鉄道難波駅一帯の地。隣接する道頓堀(どうとんぼり)、千日前(せんにちまえ)とともに「ミナミ」と称される繁華街をつくる。現在、近畿日本鉄道や地下鉄も通じ、さらに西側には関西本線(大和路線)のJR難波駅もあり、交通の一大中心地。難波高島屋をはじめ、南に府立体育館、北に新歌舞伎座(しんかぶきざ)などがあり、娯楽街、飲食店街をなし、「なんばシティ」「なんばウォーク(旧称、虹(にじ)のまち)」の地下商店街がある。大阪球場があったが、1998年(平成10)に廃止となり、跡地にはオフィスビルなどの商業複合施設「なんばパークス」がつくられている。

難波の物件一覧へ